キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

朝キャバや昼キャバは時給も低いし客層も悪いので、夜どうしても働けない人以外にはおススメしません

早朝から営業しているキャバクラを朝キャバ、お昼過ぎから夕方過ぎくらいまで営業しているのを昼キャバと言います。

普通のキャバクラで働くと帰りが遅くなって大変、周りの人に普通の仕事をしていないって思われると言ったデメリットがあるので、朝キャバや昼キャバで働きたがる人がいるかもしれませんが、これらのお店で働くのはあまりおススメできません。

諸事情により昼間しか働けない人は仕方ありませが、そうで無いならばきちんと夜働くようにしましょう。

※追記
朝キャバや昼キャバを営業するくらいだったら24時間営業のキャバクラをすれば良いのでは?と考える人もいるかもしれませんが、風営法によりキャバクラは深夜24時から日の出まで営業してはいけないことになっているで、24時間営業は不可能になっています。

 

スポンサーリンク

 

朝キャバ・昼キャバで働いてはいけない理由

朝キャバや昼キャバを利用するお客さんの数は限られているので、夜の様に細かくランクが別れたり、コンセプトがあったりはしません。

郊外にあるキャバクラ店みたいにセット料金は安く、女の子も若い子からそうで無い女性まで幅広く在籍しているような安いお店ばかりです。

※追記
朝キャバや昼キャバは夜普通に営業しているお店の店舗をそのまま使って営業しているのですが、どうしてわざわざ店名や看板を変えたり、そのまま通しで夜まで営業しないのかと言うと、朝昼は値段をかなり下げないとお客さんが入らないからです。もし同じ名前で営業してしまった場合、安いお店のイメージが着いてしまって夜も値段を下げないとお客さんが入ってくれなくなってしまう可能性があるからです。高級店が朝や昼営業を絶対にしない理由がここにあります。

 

時給が安い

セット料金が安ければそれに比例して時給も安くなります。

キャバクラの平均時給が3,000円~5,000円になるエリアでの朝キャバや昼キャバの平均時給は2,000円~3,500円くらいになります。

時給が3分の2くらいに下がってしまっても良いならば夜から朝昼に移籍しても問題ありません。

 

営業時間は長い

時給は安いですが、朝キャバや昼キャバは営業時間が長いので、夜働くよりも手取り金額は高くなる場合もあります。

特に早朝から夕方まで営業しているお店ならば、8時間勤務とかも可能になるので、時給だけ20,000円くらいの稼ぎになったりします。

ただしお客さんが少ないと早上がりも多くなりますので、指名が取れない不人気嬢が時給で稼ぐのは難しくなります。

 

客層は悪いです

朝キャバに来るお客さんはどこかで飲んでいた泥酔者か居酒屋やバーなどの飲食店従業員、ホスト、ボーイ、客引き(外販)などの朝まで働いていた夜職関係の人が多くなり、サラリーマンなどのホワイトカラーが全くいないので客層は悪くなりがちです。

さらにスナックやガールズバーで朝まで飲んでいたお客さんとそのお店の女の子がアフターで来たりもするので、女の子を接客するのが苦手な人には厳しい職場となるでしょう。

 

アフターが多い

朝キャバや昼キャバはお店が終わる時間が早いので、お客さんからアフターの誘いは多くなります。

またお店も夜に比べてお客さんの絶対数が少ないので、指名客が多い訳で無いのであれば、ボーイも積極的にアフターに行くように促してきます。

その代わりに同伴にノルマがあるお店は少ないです。

 

昼営業のセクキャバはどうなのか?

セクキャバの中にも昼から営業しているお店があるのですが、昼キャバと同様に働くのはあまりおススメできません。

昼営業のセクキャバで働くくらいならば、オナクラやメンズエステなどのソフトサービスの風俗で働いた方が良いと思います。

 

お客さんが少ない

セクキャバに来るお客さんの大半はどこかでお酒を飲んできた人が大半、特にキャッチに連れられて来る人が多いので、昼間は営業していてもほとんどお客さんが来ません。

その為に基本時給が低く抑えられ(基本時給が無いお店もあります)、接客するごとに歩合がもらえる給料システムになっているお店が多いです。

・例
基本時給1,000円
フリー客20分接客で1,000円
指名客20分接客で1,500円

1時間待機しかしていなかったら時給1,000円
1人フリー客を接客し、残りの時間待機したら時給2,000円
1時間指名客を接客したら5,500円

指名が取れる女の子には良いシステムかもしれませんが、指名が取れない子はまったく稼げない職場になります。

 

ハードサービス

昼営業しているセクキャバにはいちゃキャバみたいなのは無く、お座敷系(和風セクキャバ)と言われるハードサービスを売りにしたお店ばかりです。

お座敷系のセクキャバは座敷で添い寝をしながら接客し、ブランケットを掛けたりするので、隠れてお互いの性器を触りあったりしている女の子もいますので、お客さんはそのサービスをみんな求めてきます。

客層はセクキャバの中で最も悪くなります。

 

朝昼キャバが向いてる子

向いている向いていないを考える前に、朝キャバや昼キャバでお客さんが多いのは朝まで営業していた飲食店のスタッフが飲みに来る早朝だけで、それ以降の時間は極単に少なくなるので、早朝勤務が出来ない女の子は採用されにくいです。

時給もあまり高く無いですから、特殊な理由が無い限り、早起きして始発に乗って出勤してまでやる仕事ではないと思います。

逆に言えば朝まで他の仕事をしている女の子がダブルワークとしてするには良い仕事だと思います。

 

楽してお金が稼ぎたいなら

キャバクラで働こうと考えている人の頭の中には多かれ少なかれ「楽に大金を稼ぎたい」と言うのがあると思います。

しかし、キャバクラで月収100万円とか稼いでいるのはほんの一握りの人気嬢だけで、大半の女の子はドレス代やヘアメイク代が掛かる事を考えると、大した稼ぎになっていなかったりします。

そこでおススメするのがセクキャバです。

おっぱいを揉まれるだけでキャバクラよりも時給が高くなりますし、同伴やアフターのノルマも無いですし、LINEでの営業もほとんどありません。

おっぱいを揉まれるのに耐えられるのであれば、これほど楽で高給な仕事は無いと思います。


セクキャバの仕事の探し方は簡単で、風俗の求人サイトに登録し、プロフィールに「セクキャバ勤務希望」と記載しておけば良いだけです。

セクキャバの募集もある有名な風俗の求人サイトは次の3つです。


・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・365日マネー女子宣言
https://365money.jp/


良さそうなサイトに登録してみて下さい。

3つ全部に登録すればオファーメールの数も増えますので、待遇の良いお店を探しやすくなると思います。

-業種
-,