キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

セクキャバに体験入店する女の子が増えてきている理由と体入時にすること

キャバクラで働くのが普通のことになり、キャバ嬢になりたがる女の子が増えた結果、キャバクラ店が女の子を集めるのが簡単になりました。

そうなると採用基準は上がるのに時給は下がると言った現象が起こり、「短期間でたくさんのお金が必要」「容姿が良いとは言えない(普通)」と言った女の子たちはキャバクラでは無くセクキャバに体入せざるを得ません。
(セクキャバを飛ばして風俗まで行ってしまう人もたくさんいますが・・・)

セクキャバに体入する女の子が増えると、今度はセクキャバの採用基準が上がってしまうのでは、時給が下がってしまうのではと不安になるかもしれませんが、まだまだその状態にはならないと思います。

働いてくれる女の子が増えたからなのか、景気が良くなってきたからなのかわかりませんが、キャバクラ店に比べてずっと少なかったセクキャバ店が最近どんどん増えています。

増えたら増えたで体入先選びに迷う事になるのですが・・・。
 

スポンサーリンク

 

体入ですること

セクキャバの体験入店もキャバクラのそれと同じく、面接後に普通に働きます。

接客内容で違いがあるとしたら、上半身(主に胸)を触られてしまうのと、キス(ディープキス)をしなければいけないことです。
(お店によっては下半身への指入れもあります)

いつも上半身裸と言う訳ではありませんが、接客中に上半身裸になることはありますので、店内にいるお客さん、同僚の女の子、ボーイなどに胸を見られることになります。

 
セクキャバでは手コキやフェラなどの抜きサービスはありません。

もしそれをするようにお店に言われたら、そこは違法店なので絶対に働かないようにしましょう。

 

未経験アピールはしない

キャバクラの場合は「今日が初めてなんです」とお客さんに言って仕事に慣れていないアピールをしても問題は無いですが、セクキャバではそれはしない方が良いです。

お触りNGのキャバクラなら危険なことは何も無いですが、セクキャバの場合だと何も知らないのを良いことに過剰サービスさせようとしてくるお客さんがいてもおかしくありません。

お客さんに主導権を渡さないようにしましょう。

 

胸が大きくないと働けないのか?

セクキャバは元々おっぱいパブと言われていましたし、外販(客引き)も街行く男性に「おっぱい揉みたくありませんか?」なんて声を掛けているので、胸が小さいと採用されないのではないかと思う女の子もいるかもしれませんが、サイズはまったく関係ありません。

巨乳だったらそれが武器になって指名が取れたりしますが、オプションの域を出ず、採用されるかどうか基準にはなりません。

重要なのは容姿のバランスや愛想が良いかです。

セクキャバはおっぱいを揉みに来ているお客さんもいますが、大半は女の子といちゃいちゃしながら、キスをしたりしながらお酒を飲んだりしたいと考えている人ばかりです。

 

セクキャバの時給

セクキャバの体入時給の相場はガールズバーやキャバクラのそれよりも高いです。

ガールズバー:1,500円~2,500円
キャバクラ:2,500円~3,500円
セクキャバ:3,500円~4,500円

時給が高いだけじゃなく、セクキャバは完全全額日払い面接後即体入可能なお店が多く、採用基準も緩いので、早く手元にお金が欲しい女の子には最適な職場となります。

 

体入時給5,000円

求人サイトを見ていると多くのセクキャバが体入時給5,000円で募集しているのですが、この5,000円と言うのは最大時給であって、誰もがもらえるものではありません。

面接で体入時給を決める時に、5,000円までなら出る可能性がありますよと言う意味です。

体入に行く前に時給がいくらになるのか知りたい場合は最低時給を問い合わせてみると良いでしょう。
(最大時給が5,000円のお店の場合、最低時給は3,000円前後になることが多く、大半の女の子はこの時給で体入することになります。)

 
「払う気が無いのに体入時給5,000円で募集するのは詐欺では?」と思うかもしれませんが、セクキャバやキャバクラなどの夜の世界ではこの様な行為は日常茶飯事です。

求人に書かれている待遇はお店のナンバーワンになれたらそれくらいもらえると思っていた方が良いでしょう。

 

デメリット

セクキャバで働く一番のデメリットはお客さんとキスをしなければいけないことで、胸を揉まれたり舐められたりするよりも、肉体的&精神的なダメージが大きくなると思います。

セクキャバは2軒目需要が強く、お客さんには口の臭い酔っぱらいのおじさ客などが多いので、「キスくらい楽勝だよ!」と思っている女の子でもいざ働いたらツラい思いをすることがあるでしょう。

セクキャバ嬢の時給が高いのは、生理的に無理な人とキス(ディープキス)することもあるからと言うのを忘れないで下さい。

 

入店祝い金に期待し過ぎないこと

セクキャバの求人を見ていると「入店祝い金5万円支給」なんて書かれていたりすることがありますが、これ目当てで面接に行かないようにしましょう。

入店祝い金は面接で採用されればすぐにもらえると思っている人がいるみたいですが、そんなことはありません。

例えば5万円支給の場合、1回出勤することに5千円づつもらえて、10回目の出勤合計5万円になる場合や、10回目の出勤の時に一括で5万円をようやくもらえる場合などがあります。

初日に全額渡してしてすぐに辞められてしまったらお店は損しかしないので、これについては仕方がないと思って下さい。

 

面接当日に必要な物

面接と言いますか、体入する時には必ず住民票が必要になりますので、準備しておく様にして下さい。
(セクキャバだけでなく、キャバクラや風俗に体入する時でも今は住民票が必要になります)

今まで身分証として利用していた運転免許証に本籍地の記載が無くなったので、外国人かどうかの判断をするために本籍地の書かれた住民票が必要になっているのです。

住民票を提出すると「変なリストに載ってしまうのでは?」と心配する女の子もいるかもしれませんが、国籍の確認のためだけに使っているので安心して下さい。

逆に住民票の提出を義務付けていないお店は、外国人も働かせている違法店の可能性が高いので避けるようにしましょう。

 

面接は質問する場所です

普通のアルバイトの場合、面接は面接官に採用されるかどうかを判断される場所なのですが、セクキャバや風俗では女の子が働くお店を選ぶための情報を収集する場所になっています。

・給料はいつどれくらいもらえるのか
・お客さんにどんなサービスをするのか
・どんな服装で仕事をするのか
・終電で帰れるのか、送りはあるのか
・どれくらいキモイおじさん客だったらキスを拒んでいいのか

働く前に気になること、知っておきたい事はたくさんあると思います。

面接はそれを質問する場所でもあるので、受け身になって話を聞くだけにならないようにしましょう。

 

楽してお金が稼ぎたいなら

キャバクラで働こうと考えている人の頭の中には多かれ少なかれ「楽に大金を稼ぎたい」と言うのがあると思います。

しかし、キャバクラで月収100万円とか稼いでいるのはほんの一握りの人気嬢だけで、大半の女の子はドレス代やヘアメイク代が掛かる事を考えると、大した稼ぎになっていなかったりします。

そこでおススメするのがセクキャバです。

おっぱいを揉まれるだけでキャバクラよりも時給が高くなりますし、同伴やアフターのノルマも無いですし、LINEでの営業もほとんどありません。

おっぱいを揉まれるのに耐えられるのであれば、これほど楽で高給な仕事は無いと思います。


セクキャバの仕事の探し方は簡単で、風俗の求人サイトに登録し、プロフィールに「セクキャバ勤務希望」と記載しておけば良いだけです。

セクキャバの募集もある有名な風俗の求人サイトは次の3つです。


・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・365日マネー女子宣言
https://365money.jp/


良さそうなサイトに登録してみて下さい。

3つ全部に登録すればオファーメールの数も増えますので、待遇の良いお店を探しやすくなると思います。

-セクキャバ
-