キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

アラサー以上の30代女性でもキャバクラで働けるのか?熟女キャバに行かないとダメなのか?

今は若い女の子がどんどん面接に応募して来るので、未経験の30代の女性がキャバクラ店に採用される可能性はとても低いです。

「30代でも働いてる女性はたくさんいるじゃん!」と思うかもしれませが、彼女たちは若い頃からキャバ嬢として働いていて指名客を抱えている、売上を作ることができるから働けているだけで、指名客を呼べなくなれば出勤調整され辞めざるを得なくなります。

フリー客の相手やヘルプ周りをさせるなら若い子の方が良いですからね。

30代で未経験だと夜の世界で働くチャンスは得られないのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

もちろん働けます

30代で未経験でも夜の世界で働くことは可能です。

ただし20歳そこそこの若い子が働いているお店は無理で、自分に適したお店を探さないといけません。

 

業種を変える

キャバクラやガールズバーで働いているのは20代前半の女の子ばかりですが、クラブスナックではアラサー以降の年齢の女性が多く働いていますので、30代の未経験でも採用される確率は高くなります。

ラウンジも30代で働けるでしょうが、若い子も在籍しているので、一緒に働くのが苦手な人は避けた方が良いでしょう。

 

場所を変える

歌舞伎町や六本木など、都会の繁華街にあるキャバクラ店は若い女の子ばかりが働いていますが、地方のお店や郊外にあるお店だと幅広い年齢の女性が働いていたりします。

女の子を集めるのが難しい立地にあるのに若い子だけを採用していると、女の子の人数が足りなくなってしまうので、採用基準が緩くなります。

採用基準が低くなればそれに比例して時給も安くなりますが、繁華街にあるお店よりも競争が無いので、のんびりと働くことができます。

 

時間を変える

郊外のお店ではなく、繁華街のお店で働きたいのであれば朝キャバ昼キャバを検討してみて下さい。

特に朝キャバは日の出からの営業になるので、出勤する女の子を集めるのが難しく、採用基準が低い場合が多いです。

 

働き方を変える

お客さんを持っていないならヘルプ要員として呼ばれる派遣キャバ嬢として働くのもアリだと思います。

28歳以下限定など登録条件が着いているキャバクラ派遣会社もありますが、あまりに容姿が酷かったり、会話能力に難が無ければ登録はできでしょう。

登録する派遣会社が小規模すぎると仕事が見つからない日が出てきてしまうので、多少待遇条件が悪くても大手の派遣会社にするのが良いと思います。

 

熟女キャバ

働く女の子の年齢層が高いお店はクラブやスナックだけなく、熟女キャバと言うのもあります。

熟女キャバならば30代の平均的な容姿の女性であれば採用されないことはまずありませんが、働く環境はあまり良く無いので安易に流れなようにして下さい。

 

時給が低い

お客さんが熟女キャバクラに行く理由は「若い女の子とは話が合わないからつまらない」ではなく、「安い料金で女性と一緒に飲めるから」です。

お客さんが支払う料金が少なければ女の子の給料は安くなります。

また、夜の世界で働きたいと言う30代女性の数に比べて熟女キャバは店舗数が少ないので、安い時給で求人を出しても女の子が集まってしまうのも給料が低くなる原因です。

 

扱いが悪い

キャバクラの商品は女の子なのでボーイから大切に扱われますが、熟女キャバの場合は「辞めても代わりはいくらでもいるんだよ?」と言わんばかりの態度を取られてしまいます。

指名客をたくさん呼べるのであればそんなことはありませんが、未経験ではなく、年齢と共にキャバクラから熟女キャバへと移動してきた人には耐えられないかもしれません。

 

派閥がある

普通のキャバクラ店の場合、長く在籍している女の子でも5年くらいですが、熟女キャバの場合30歳からずっと働いている40代の女性とかがけっこういるので、在籍嬢内に派閥がある場合が多いです。

ボーイよりもずっと古株のお局嬢いn気をつかったりするのはお客さんを接客するよりも大変かもしれません。

 

客層が悪い

できるだけ安く女性と飲みたい人たちが来店する訳ですから、客層が悪くなるのは当然です。

それに加えて「熟女」と言うキーワードが良く無く、「エロい」「男に飢えている」と言う印象を与えてしまうのか、お触り(セクハラ)してきたり、初対面からヤレると思ってすぐアフターに誘ってきたリします。

ボーイもあまりに酷い状態で無ければ注意をしたりせず、そういう客をうまく交わすのも熟女キャバ嬢の仕事といったスタンスを取ることが多いです。

※追記
熟女キャバ嬢の中にはお客さんのほとんどに枕営業を仕掛けていたりする本物の男好きがいたりするので、お客さんがここで働いている女の子はみんないけると勘違いしていたりします。
この年代になるとお客さん以外に出会いが無いので、お客さんに手を出してしまうのでしょう。

 

セクキャバの場合

セクキャバには熟女セクキャバなどのコンセプト店は無く、30代以上の女性を積極的に雇っているお店は存在しません。

もし働こうと思ったら都心では無く、郊外の寂れた街にあるお店に行かないといけません。

 
郊外には行きたくないのであれば、メンズエステで働くのも考えてみましょう。

ソフトサービス風俗の中でオナクラは若い女の子のみの職場ですが、メンズエステは30代以上の女性でも採用される可能性がとても高いです。

手でのサービス(手コキ)のみになるので、キスをしなければいけないセクキャバよりもソフトサービスと感じる人も多いでしょう。

 

夜職での価値は低いです

アラサーの年齢でもプライベートであれば男性からきちんとエスコートしてもらえたりすると思いますが、夜の世界では価値が無くなる寸前なので、覚悟を持って働かないといけません。

適当におじさんの話を聞いていれば稼げるなんてことは無く、お客さんには「私と飲むと楽しいよ」と言うことを、お店には「私を雇うと得するよ」と言うことをアピールしないといけません。

夜の世界は「歳を重ねるごとに仕事は大変になるのにに給料は下がる」と言う不条理な世界であることを理解した上で働くようにしましょう。

 


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。



面接に行くだけで2,000円ももらえる


時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナで体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-業種
-