キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

キャバ嬢はどうして同伴出勤をしなければいけないのでしょうか?

同伴出勤と言うのはお客さんとお店の外で食事などをした後に一緒にお店へ行くことなのですが、彼氏でも友達でも無い、ましてやキモいおっさんとデートみたいなことをしないといけないのは苦痛です。

焼肉やお寿司などいくら高い料理を奢って貰えたとしてもパパ活みたいにお小遣いをもらえる訳では無く(同伴バックはありますが・・・)、時給も発生しませんので女の子にはメリットがほとんどありません。

どうしてお店は女の子が嫌がる同伴と言うノルマを課すのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

お店の売上の為

同伴ノルマを課している最大の理由はお店の売上を作るためです。

女の子が同伴すれば必ずお客さんが来ることになりますし、その場合は1セットだけでなく2セット以上の滞在になりますし、ドリンクを入れないこともないでしょうから、ある程度の売上を確保できるようになります。

「半月に○○回以上の同伴」をノルマにしたり、「強制同伴日」と言う女の子にメリットが全く無いイベントをお店は企画したりするのです。

 

女の子のメリット

同伴はお店にしかメリットが無いように見えますが、キャバ嬢の時給は売上に比例するので、同伴をたくさんして売上を作っている子の時給はどんどん上がっていくメリットがあります。

逆に言えば同伴ノルマをクリアできなければ罰金だけでなく、時給も下げられてしまうデメリットとなるのですが・・・。

キャバ嬢は何もしないで高い時給がもらえる職業では無いのです。

※注意
アフターは同伴と違ってお店の売上を作れるわけでは無いので、どんなにたくさんしても時給が上がることはありません。

 

同伴の時間は?

同伴の時にお客さんと一緒に外で過ごすべき目安の時間は1時間半~2時間で、同伴の場合は20時~20時半までにお店に行くのがルールとなっている場合が多いので、18時半くらいに待ち合わせるのが良いでしょう。

同伴で利用するお店はお客さんに決めてもらうのではなく、働いているキャバクラ店の近くにあるお寿司屋さんや焼肉店が良いです。

 
繁華街にあるお店はキャバ嬢が同伴で良く利用するので、店員さんも慣れているので変な目で見てきませんし、危険な目に遭ってしまうかもしれない個室に通されることもありません。

また、お寿司屋さんや焼肉店は料理の提供が早いので短時間の食事に適しており同伴向けです。
(料理の提供が遅いお店に行ってしまい、20時半の出勤時刻に遅れてしまったら、例え同伴でも遅刻扱いになってしまいます)

 
遠い場所を選んでしまった場合、お客さんと街中を歩く時間も長くなるので、キモイおじさんと一緒にいるところを誰かに見られてしまう可能性があります。

キャバクラで働いていることを知っている友達でも良い印象を受けないでしょうし、他のお客さんに見られれば「自分だけは特別じゃなかったのか」「やっぱり客は客なのか」と冷めさせてしまう可能性もあります。

※注意
同伴やアフターをしている時にお客さんと性的なトラブルなった場合、仕事で一緒にいるのではなく、同意の上でデートをしているとみなされるので、警察はまったく相手にしてくれません。自分の身は自分で守らなければけないことを忘れないで下さい。

 

同伴するお客さんの考え

同伴をしたがる男性としたがらない男性がいて、したがる男性と言うのは「同伴をして外で会うことに慣れれば、いつかお店とは関係なく会えるようになる」と夢見ている場合がほとんどです。

男性客から店外デートに誘われた時に「お店でしか会ったこと無いから外で会うのはまだ不安。まずは同伴しましょう。」なんて営業している女の子がいるのもその原因では無いでしょうか?

 
指名している女の子のことを気に入っていたとしても、大半の男性客はお金が掛かる同伴をしたがりません。

ノルマを助けるためにだったり、嫌われるのが怖かったリするだけです。

 

ドタキャン客も多い

今日同伴する予定だったけど、持ち合わせが無くてお店に行けそうも無いんだ。同伴をキャンセルしても大丈夫かな?それで良かったらなんだけど、出勤前にご飯でも食べに行かない?僕と同伴予定だったのだから時間はあるよね?

わざとで無いのならば後日埋め合わせをしてくると思うのですが、上記のようなLINEを送ってくるわざとドタキャンする人もいます。

この様なLINEを送って来るお客さんは「お金を掛けずにセックスしたい」だけなので無視しても問題無いのですが、一応「私も一緒に食事に行きたいけど、同伴しない場合はミーティングがあって早く出勤しないといけないんです。ごめんなさい。今度また同伴誘って下さいね。」とでも返信しておきましょう。

同伴をキャンセルでペナルティを課される事はほとんどのお店でありませんが、繰り返すとボーイから印象は良くありませんので、初回で場内いれてくれただけなどの信用性が低いお客さんとの同伴の約束は避けるべきだと思います。

 

騙すのは止めましょう

ドタキャンするお客さんがいるように、同伴と言わずにご飯に誘って「この後お店で飲み直しませんか?」と営業する女の子もいるのですが、これは悪手なので止めましょう。

この営業をされたら2度とお店に来なくなる場合が多いですし、同伴できたとしてもお客さんは「騙された」と心の底では思ってるので、短期的には売上が伸びても長期的には損をしてしまうでしょう。

ノルマがギリギリの時にイチかバチかでやりたくなるのはわかりますが、同伴に誘う時はきちんと同伴と伝えるようにしましょう。

 

同伴の約束が被ってしまった

普通のお客さんでしたら、「予定が埋まっていまっているので別の日でお願いできませか?」と断れば良いだけなのですが、太客やこれから太客へと進化していきそうなお客さんから誘われた場合は基本的にはそちらを優先すべきです。

ただし、出張で来ていてその日しか都合が付かないお客さんだったり、太客でも直前の誘いだったりする場合は別です。

特に直前でドタキャンした場合、「本当は他の男と同伴しているのでは?」なんて疑ってお店の前で張ったりするストーカー紛いなお客さんもいて、そこから逆恨みされてトラブルに発展したりする可能性もあるので、失礼すぎる対応は避けるようにしましょう。

 

断り方

キャバ嬢の中には勘違いと言うか、自分に都合の良いようにだけ男性の発言を切り取る能力がある子がいて、「このお客さんはキャバ嬢と割り切って接してくれている」「色恋接客じゃなくて友達接客だから大丈夫」「歳が離れていて娘と飲んでるみたいと言ってくれてる」とお客さんとの関係を勝手に解釈していて、同伴を断る時に「他のお客さんと同伴なんだ」とハッキリ断る女の子もいますが、絶対に止めましょう。

お客さんは下心を見せないようにいていますが、指名してまでキャバクラに通う理由の99%はキャバ嬢とセックスしたいからです。

キャバクラにハマってしまうようなモテない男性ほど「下心は隠すのが良い」と思っていることを知っておいて下さい。

 
角が立たない言い訳としておススメなのが「強制参加のミーティングが入ってしまった」「昼職で残業の予定が入ってしまった」で、これらの理由であればたまたま繁華街で会ってしまったとしても言い訳がしやすいと思います。

特に昼職がある設定にしておくと次の日の朝が早いからとアフターを断るのも簡単になるので便利です。

 


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。



面接に行くだけで2,000円ももらえる


時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナで体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-接客
-