キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

風俗嬢を見下しているキャバ嬢はたくさんいるのに、キャバ嬢に嫉妬している風俗嬢はほとんどいない

キャバクラで働くのも風俗で働くのも夜職としてひとくくりにされてしまうのですが、風俗嬢は身体を売るというのは一線を越えた行為をしているので、キャバ嬢は風俗嬢と一緒にされるのを嫌がります。

この気持ちは理解できるのですが、「風俗嬢はブサイクだからキャバクラで働けなくて可哀想」なんてわざわざ見下したり、馬鹿にしたりする必要は無く、「私は私、あの子はあの子」と区別するだけで十分だと思います。

これに対して風俗嬢はキャバ嬢に嫉妬していなと言いますか、興味が無い人が多いです。

どうしてこのような差ができてしまうのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

キャバ嬢が風俗嬢を見下す理由

キャバ嬢が風俗嬢を見下す理由が「自分たちは男性を掌の上で転がして稼いでいるのに、風俗嬢は性のはけ口にされている」と言う事実からだけならまだ良いのですが、大抵の場合は「自分たちよりも地位の低い人がいる」と言う安心感を得るために利用しているのでしょう。

「あぁなったらおしまいだよね」なんて風俗嬢の悪口を言って、自分たちは終わっていないことを確認したいのでしょう。

 
昔に比べるとあまり後ろめたい職業ではなくなりましたが、賃貸マンションの部屋を借りるのが難しかったり、クレジットカードの審査になかなか通らないなど、社会的な評価は低いです。
(そもそも税金を納めていない人も多いので、社会から認められなくて当然ですが・・・)

キャバ嬢はお金も持っていますし、綺麗に着飾っているのですが、昼職で頑張っている女の子に対して後ろめたい感情を持っていたりします。

自分の今の立場に満足していないと、自分よりも報われていない人を探して、その人を見下して精神的な安定を手に入れようとします。

ナンバーに入る様な頑張っているキャバ嬢は将来の不安はあっても現在の自分に満足している傾向にあるので、風俗嬢を見下したりしないと言いますか、どちらが上でどちらが下とか興味を持ったりしないでしょう。

 

風俗に落ちる

キャバ嬢が風俗嬢を見下す理由のひとつに、風俗に落ちると言う言葉があるからかもしれません。

昔は風俗で働くのはキャバクラなど他の仕事でで稼げなくなった場合のみで、今みたいに普通の若い女の子がお金のために自ら風俗で働くことは稀でした。

「風俗嬢にはなりたくない」と見下しているキャバ嬢は、いつ風俗に落ちてもおかしくない稼ぎが微妙な人なのかもしれません。

 

風俗嬢が嫉妬しない理由

「私も可愛かったら身体なんて売らずにキャバクラで働くのに・・・」とコンプレックスを持っている風俗嬢も中にはいますが、最近の風俗嬢のほとんどは「お金が必要だけど、キャバクラで働けないから風俗で働いている」と言う訳ではありません。

キャバクラと風俗のメリットとデメリットを比較して自ら風俗を選らんでいる子がほとんどです。

つまり、キャバクラ嬢に興味が無いので、嫉妬することはありません

もちろん風俗嬢も嫉妬や見下す相手がいて、その対象は同じお店で働く可愛くて指名がたくさん取れている女の子だったり、人気の無いデブスやおばさんだったりします。

 

他人は見下して来る

「私達は他の職業の人に対して嫉妬もいないし、馬鹿にしたりもしていないので、見下してこないで欲しい」と思っている風俗嬢もいるかもしれませんが、風俗で働いている以上これは絶対に避けられません。

ラブホテル街ですれ違うカップル、婦人科の医師、(出勤時に利用する)タクシーの運転手、お店に来るお客さん・・・。

いつも優しく接してくれているボーイの中にも、「あんな汚いおっさんのチンコよくしゃぶれるな」と本音では見下している人もいます。

「何も悪いことをしていないのにどうして?」と思うかもしれませんが、風俗と言うのはそういう仕事なので、他人の目が気になって気になって仕方がない人には向いていないと言えるでしょう。

 


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。



面接に行くだけで2,000円ももらえる


時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナで体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-業種
-