キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

セクキャバで働くと時給5,000円日払いで本当にもらえるのか?

セクキャバの求人を見ていると「体験時給5,000円!」と書いてあるお店がたくさなんるのに気がつくと思います。

お店の店長同士で話し合って決めているのではと疑ってしまうくらいです。

 
この5,000円という体入時給ですが、実際に支払ってくれるお店は少ないようです。

お店に問い合わせてみると「面接で体入時給金額は決めます」と採用担当者から返事が来たりするパターンが多く、「どれくらいの可能性があるのでしょうか?」と詳しい金額を聞くと、「3,000円~5,000円になります」みたいな感じで最大で5,000円もらえる可能性があることを伝えて来ます。

 
こういう求人の書き方はセクキャバに限らずいろいろな所で行われていま。

水商売の求人は一番良い場合が書かれていると考えて行動した方が良いでしょう。
 

スポンサーリンク

 

5,000円支払うお店はあるのか?

新人に5,000円の時給を出すお店はまずありません。

もし5,000円を出すお店があたっとしても、そのお店の採用基準はもの凄く高くなるでしょうから、採用されるかどうかが微妙になってしまいます。

まずは相場である3,000円で働くべきだと私は思います。

 

5,000円の女になろう

時給5,000円で雇ってくれるお店を探すよりも、自分が時給5,000円の価値になった方が早いのです。

時給5,000円の価値が無い女の子がどんなにいろいろなお店に問い合わせをしても、面接に行っても時給5,000円貰える事はありません。

 
日々指名客を増やすように頑張るのが一番だと思います。

そうすれば時給5,000円程度では無く、もっともっと貰える可能性はあります。

 
注意しなければいけない事として、ある程度大きな繁華街にある大きなお店でないとどんなに頑張っても貰える時給は限られてしまいます。

お店の売上が無ければ高い時給を支払う事は不可能ですからね。

 
お店に面接に行く時に問い合わせる時は「体入時給はいくらもらえますか?」ではなく、「どれくらいの時給を貰っている子がいるのですか?」と聞いてみるのが良いかもしれません。

 

ハードサービスできる?

高い時給をもらおうとしたらハードサービスを頑張らないといけません。

指入れと言うよりも、手マンされるくらいの触り方をされないと未経験の普通の女の子に時給5,000円は出ないと思います。

 

入店祝い金って何?

求人を見ていて目に付くのは「体験時給5,000円!」の他に「入店祝い金支給」と言う記載だと思います。

 
入店祝い金と言うのは、お店に採用されて働くことが決まったら女の子がもらえるもので、女の子の採用をしやすくするためにプレゼントしている物です。

これはコンビニなどの普通のアルバイトでも採用されている方法で、コンビニが2,000円~3,000円の支給なのに対し、セクキャバの相場は30,000円~50,000円の祝い金が用意されていたりします。
(1番高いのはソープランドで、なんと100,000円以上支給してくれるお店もあります)

 

入店祝い金で注意する事

入店祝い金は採用されてすぐにもらえる場合はほとんど無く、条件付きの給付になることがほとんどです。

条件の例としては「10日出勤した後に支給する」や「出勤する度に5,000円支給し、10回目の出勤で満額の50,000円になる」があって、支払ってすぐに辞められてしまうのを避ける目的があります。

 

引かれ物にも注意

時給や入店祝い金と言ったもらえるものだけでなく、給料から引かれる物についても面接ではしっかり聞くようにして下さい。

時給が高くても引かれ物が多いと手取りは少なくなってしまいます。

 
引かれ物について求人サイトに細かく書いているお店は少ないので、面接で質問するしかありません。

引かれ物は雑費の他にもいろいろあるので(制服のクリーニング代、ヘアメイク代、送り代など)、必ず確認するようにしましょう。

 

雑費の相場

雑費の相場を知るために時給4,000円で6時間働いた場合、あなたのお店では手取りはいくらになりますかと何人かのセクキャバ嬢に質問してみました。

・雑費1日1,000円

 
基本給から1,000円引いた23,000円が手取りになります。

雑費1,000円だけと言うのは良心的ですね。
 

・雑費10%

 
給料の10%が雑費となるので2,400円になります。

手取りは21,600円となります。

 
雑費は1日1,000円と決まった金額のお店もあれば給料の10%と言った感じで変動制の所もあります。

指名が取れ時給が高い人気嬢には固定制のお店の方が良いですね。
 

・福利厚生費1日1,500円
・雑費は給料から10%
・送迎で1,000円

 
かなり引かれ物の多いお店です。

雑費は2,400円になるので送迎まで使った場合4,900円引かれる事になり、手取りは19,100円になります。
 

・厚生費10%
・雑費1,500円
・ヘアメ1,000円
・送り1,000円

 
厚生費と雑費が逆になってますね。

キャバクラの様にヘアメ(ヘアメイク)が強制にセクキャバもけっこうあります。

手取りは18,100円になります。
 

・厚生費10%
・雑費4,000円

 
雑費がもの凄い高いので手取りは17,600円となります。
 

・厚生費20%でそこから雑費10%

 
厚生費は4,800円、雑費は1,920円になるそうです。

手取りは17,280円となります。

 
同じ時給で雑費や引かれ物の金額によって1日の手取りはかなり異なって来ます。

月収にすると1番高い人と安い人で10万円くらい差がつくことになりますので、実は時給が500円高いとかよりもずっと重要になります。

 

罰金の確認もしよう

セクキャバが風俗では無くキャバクラに近い要素の一つに罰金があるお店が多いと言うのがあります。

当欠や遅刻をしても風俗は罰金が取られる事はありませんが、セクキャバはキャバクラの様にけっこう高い金額(当欠の罰金額の相場は10,000円~30,000円)を取られたりします。

 
何故この様に罰金を取るお店が多いのかと言うと、お水系の仕事をしている人は責任感の無い人が多く、罰金のルールを作ってかないと当欠・遅刻を当たり前にする子ばかりになってしまいます。

お店側もそんなルールを作れば女の子から嫌われてしまうのはわかっているので、できればで作りたくは無いのですが、お店を経営していくためには必要なのでしょう。

 
また、罰金はすべての女の子が支払っている訳ではありません。

お客さんを呼べる女の子だったら多少のワガママが許されて、当欠や遅刻をしても罰金が無かったりします。

 

いつ給料がもらえるのか?

セクキャバで働いた給料は風俗のように全額日払いで受け取る事はできません。

キャバクラと同じ半月払いのお店が多くなっています。

 
ただし一部日払い可能となっているお店も多く、上限10,000円までなら日払いしてくれたりします。

求人に「全額日払い可能」ではなく「日払い可能」と記載されているお店は「一部日払い可能」だと考えるようにして下さい。

 
ただし日払いする際に手数料を取るお店もありますので注意が必要です。

例えば日払い手数料が20%の場合、上限の10,000円を申請したら8,000円しか支払ってもらえません。

 

全額日払いしたい場合は体入!

セクキャバでも体入でしたら全額日払いで給料を貰う事ができます。

ただし体入は勤務時間が1時間~3時間くらいの短時間になってしまうので、時給が3,000円だったとしても3,000円~9,000円くらいしか稼げず、時間の無駄になってしまう場合が多いです。

楽してお金が稼ぎたいなら

キャバクラで働こうと考えている人の頭の中には多かれ少なかれ「楽に大金を稼ぎたい」と言うのがあると思います。

しかし、キャバクラで月収100万円とか稼いでいるのはほんの一握りの人気嬢だけで、大半の女の子はドレス代やヘアメイク代が掛かる事を考えると、大した稼ぎになっていなかったりします。

そこでおススメするのがセクキャバです。

おっぱいを揉まれるだけでキャバクラよりも時給が高くなりますし、同伴やアフターのノルマも無いですし、LINEでの営業もほとんどありません。

おっぱいを揉まれるのに耐えられるのであれば、これほど楽で高給な仕事は無いと思います。


セクキャバの仕事の探し方は簡単で、風俗の求人サイトに登録し、プロフィールに「セクキャバ勤務希望」と記載しておけば良いだけです。

セクキャバの募集もある有名な風俗の求人サイトは次の3つです。


・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・365日マネー女子宣言
https://365money.jp/


良さそうなサイトに登録してみて下さい。

3つ全部に登録すればオファーメールの数も増えますので、待遇の良いお店を探しやすくなると思います。

-セクキャバ
-, , ,