キャバ嬢ちゃんねる

キャバクラ嬢というお仕事の秘密

銀座のクラブで働くときはママを褒めないといけない

「銀座のママは凄い!」
「銀座のママは男を理解してる」
「銀座のママはいろんな苦労や経験をしてるから話が合う」

 
銀座に通う方って結構ママに対してこんなイメージで来る方が多いです。

勿論銀座でママをやれるのって凄い努力、実力、運がないと無理です。

お店をはるのに物凄い資金がいりますからね。

それなりにお客さんがいないと無理です。

 
ママになるためにはどんなお客さんでも対応できる柔軟性、会話力、はったり力(意外と重要)女の子のマネージメント力が必要になると思います。
 

「若くて話が通じない」
「頭の弱い子なんだろうな」

 
お店の女の子に対してお客さんはこういう先入観を持ってます。

これは残念ながら事実なんです。
 

「可愛いよ。」
「好きだよ。」
「君のためなら何でもできる。」

 
といくら口で言っても、心のどこかで「こいつは水商売の女」と思ってます。

若くて可愛いだけの女だ、と思っているのです。

まあその分、ちょっと政治や経済なんかの深い話ができると「若いのにしっかりしてる!!」と高感度マックスに陥りやすいので、悲観することはありません。

男の人って馬鹿で単純だから、仕方ないんです。

そして、ママに対しては一目置く傾向があり「女としては好きになれないけど人として好きだ」ということでお客さんが着いたりします。

ママとお客さんの間で必要なのは信頼感な気がしました。

いくら自分にガンガン迫ってくるお客さんがいたとしても、その方とママの関係が長かったり、お店を気に入ってる場合、恋愛関係が終わるとまたママに戻るのです。

 
お客さんは、「女の子はころころ入れ替わるもの。」と思っています。

この子は落とせなそうだなと思ったら、すぐ次に行っちゃったりします。

 
あなたがどんなに誠実で素敵な人間であり、ママが非道で最悪な人間だったとしても、ママはプロです。

お客さんは無意識の範囲で圧倒的にママに信頼を寄せます。

 
私がここで言いたいのは、どんなに良いママでも、経営状況やいろんな状況があるので、ママに対していつか不信感を持つことがあるかもしれません。

でも、その時に絶対お客さんにママの悪口は言わないことです。

お客さんの前で、ママを褒めましょう。
 

「本当にいい人で、私たちはママを信頼してる。大好きなんです。」

 
お客さんの前で褒められることって、ママが最も喜ぶことです。

ママもあなたを気に入り、どんどんお客さんを紹介するでしょう。

また、お客さんも自分が好きなママが信頼されてることを喜ぶし、いい店だな。と思ってくれます。

 
人間、腹が立つこともあります。

そこはぐっとこらえましょう。

すべてあなたに返ってきます。

 


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。



面接に行くだけで2,000円ももらえる


時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナで体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-クラブ
-